中央大学法曹会

ホーム>活動報告>総会・常任幹事会・幹事会

総会・常任幹事会・幹事会

2019年02月14日 中央大学法曹会栃木県支部 創立総会報告

                             
 平成31年2月14日午後6時から宇都宮市内にて、中大関係者(ロースクール出身者含む)26名が参加し、本部の大谷隼人幹事長にもご列席いただき当支部の創立総会及び懇親会を開催しました。内訳は、弁護士20名、その他法曹関係者4名,司法修習生2名。参加者の半数近くが二次会に流れるという盛況ぶりでした。

中央大学法曹会栃木県支部 支部長 高木光春
                                                                    

投稿日時:2019年03月12日

ページの先頭へ

2019年01月23日中央大学法曹会平成30年度第3回常任幹事会・幹事会

平成31年1月23日,平成30年度第3回常任幹事会・拡大幹事会を開催いたしました。
今回は,講演や大学関係者の先生方をご招待しての懇親会等は予定しませんでしたが,以下の事項が決議され,活発に議論がなされました。

(1)大谷幹事長が議長席につき,挨拶をした後,審議事項(1)年間活動予定報告の報告がなされた。
(2)審議事項(2)会則改正の件につき,元木会則検討委員会委員長から答申案及び会員資格改正案が説明され,審議の結果,全員一致で,可決された。
(3)審議事項(3)その他として,中央大学法曹会賞の受章者の決定について,大谷幹事長から説明があり,審議の結果,受章者の決定に際しては会報等に写真付き寄稿をすることを条件とする旨提案され,異議なく可決された。
 

投稿日時:2019年02月08日

ページの先頭へ

2018年11月21日中央大学法曹会平成30年第2回常任幹事会・拡大幹事会 叙勲受章者祝賀会・栄進者披露懇談会

 平成30年11月21日午後5時30分から,アルカディア市ヶ谷7階にて、平成30年度第2回常任幹事会・拡大幹事会を開催しました。森田事務局長の司会進行のもと,大谷隼夫幹事長による挨拶から始まり,委員会活動報告,「幹事長」名称の変更について審議がなされ,その後林常任幹事から法学部の都心展開について説明がなされました。
 その後,午後6時から,「~倒産:事業再生の新しい流れ~」と題して,長島・大野・常松法律事務所パートナー小林信明弁護士による講演会が開催されました。小林先生は、倒産法分野の第一線でご活躍され、数々の耳目を集める倒産事件に携わられており,また,実務論文や実務著書は多数に及んでいることはもちろん,多くの弁護士から信頼と尊敬を集めておられます。①事業再生の私的整理化(選択肢としての私的整理優先化)、②倒産手続のグローバル化、③倒産手続のIT化等,将来を見据えた倒産業務のあり方について,非常に興味深いお話を拝聴することができました。
 場所を移して,午後7時から,松田副幹事長の司会により,中央大学法曹会叙勲受章者祝賀会・栄進者披露懇談会が開催されました。まず,中央大学校歌斉唱の後,大谷幹事長から挨拶がございました。その後,学校法人中央大学総長 酒井正三郎様,学校法人中央大学副学長井上彰様からのご挨拶を経て 中央大学学員会会長久野修慈様より乾杯のご発声をいただきました。その後,しばらく和やかな歓談が続き,平成30年秋の叙勲受章者からご挨拶をいただきました。ご出席下さいました佐藤彰一様,中村喜美郎様,高野芳久様,田中茂様,誠におめでとうございます。最後に,神副幹事長からの閉会の挨拶を終え,無事本会は閉会となりました。
今後も交流委員会による関係諸団体との交流会など,各種活動を予定しております。引き続きご協力のほど,よろしくお願いいたします。
(広報担当事務局次長 弁護士 國井友和)

叙勲受章者である中村喜美郎様から

投稿日時:2018年11月23日

ページの先頭へ

2018年10月07日中央大学ホームカミングデー 無料法律相談会

ペデストリアンデッキ下の中央大学法曹会ブースにて11時~15時まで無料法律相談会を開催しました。
不動産,離婚,相続,相隣関係などに関する様々なご相談がありました。

投稿日時:2018年10月07日

ページの先頭へ

2018年08月03日平成30年度第1回常任幹事会・拡大幹事会

加藤新太郎教授による講演の様子


 平成30年8月3日午後5時30分から,ホテルグランドパレス4階にて、平成30年度第1回常任幹事会・拡大幹事会を開催しました。森田事務局長の司会進行のもと,大谷隼夫幹事長による挨拶から始まり,年間活動報告等がなされました。
 その後,午後6時から,「弁護士の有能さ(コンペテンシィ,competency)を考える」と題して,中央大学大学院法務研究科教授・弁護士の加藤新太郎氏による講演会が開催されました。加藤教授は、ご説明するまでもなく裁判官としてご活躍され、多数の優れた著書、論文はもちろん、司法研修所において法曹養成に携わってこられた先生であり、現在は中央大学法科大学院において実務家教員として教鞭をとられております。加藤教授が実際に経験された具体的な問題事例をもとに,弁護士の有能さとは何かという命題について考える良い機会となったのではないでしょうか。
  場所を移して,午後7時から,木村英明事務局次長の司会により,中央大学法曹会・懇親会が開催されました。まず,中央大学校歌斉唱の後,大谷幹事長から挨拶がございました。その後,学校法人中央大学理事長大村雅彦様,中央大学学長福原紀彦様からのご挨拶を経て 中央大学学員会会長久野修慈様より乾杯のご発声をいただきました。その後,しばらく和やかな歓談が続き,来賓の副学長大貫裕之様,法学部長星野智様,法務研究科長小木曽綾様からもご挨拶をいただきました。最後に,副幹事長の南山先生からの閉会の挨拶を終え,無事本会は閉会となりました。
 今後も交流委員会による関係諸団体との交流会など,各種活動を予定しております。引き続きご協力のほど,よろしくお願いいたします。
(広報担当事務局次長 弁護士 國井友和)

大勢の参加者で満席となりました。

副学長の大貫教授

懇親会の様子 グランドパレス4階にて

投稿日時:2018年08月08日

ページの先頭へ