中央大学法曹会

中央大学法曹会 多摩キャンパス:炎の塔

中央大学法曹会

中央大学法曹会は、中央大学卒又は中央大学法科大学院卒の法曹実務家の団体です。

現在全国で5000人を超える会員が裁判官、検察官、弁護士の実務法曹や、大学研究者、企業法務員、行政官等として幅広く活躍しています。

炎の塔について

多摩キャンパス「炎の塔」は、中央大学学術研究団体連合会その他の各司法試験受験研究室や法職講座多摩研究室等が入っている学生研究棟です。
この研究室が「法科の中央」の名声を築いてきた原点です。

お知らせ

共同研究「弁護士と弁護士法の現在問題」
(代表:加藤 新太郎先生)によるオープンセミナー

日本比較法研究所からのご案内

日時 ○オープンセミナー
「スポーツ法専門弁護士に求められる資質:プレーヤーの視点も併せて」
講師:クリスティアン・デッケンブロック准教授(ケルン大学)
日時:2019年3月9日(土) 15:00~18:00
場所:駿河台記念館
http://www.chuo-u.ac.jp/research/institutes/comparative_law/event/2018/12/77914/

○オープンセミナー
「ドイツおよびEUにおける弁護士社団法の動向」
講師:クリスティアン・デッケンブロック准教授(ケルン大学)
日時:2019年3月12日(火) 18:30~20:00
場所:日本弁護士会館
http://www.chuo-u.ac.jp/research/institutes/comparative_law/event/2018/12/77915/

〇「私立大学研究ブランディング事業に採択された比較法文化プロジェクト(通称)
において3月8日にワークショップ、3月9日に法科大学院と共催でシンポジウムを開催しま
す。みなさまの参加をお待ちしております。

8日:ワークショップ:アジア太平洋地域における法秩序多様性の把握と法の支配確立に
向けたコンバージェンスの研究:3年間の進捗と成果
http://www.chuo-u.ac.jp/research/branding/comparative_law/event/2019/02/79982/
9日:公開シンポジウム:グローバル経済の奔流に対する新たな紛争解決と法曹養成
http://www.chuo-u.ac.jp/research/branding/comparative_law/event/2019/02/79908/
日本比較法研究所からのご案内です。

共同研究「弁護士と弁護士法の現在問題」(代表:加藤 新太郎先生)によるオープンセミナーが開催されます。

また、佐藤信行様が研究代表で、伊藤所長も参加されている比較法文化プロジェクトの公開シンポジウムが開催されます。

いずれも参加費は無料、事前登録制ですが、当日受付もしております。

法曹会の方々にも関心を持っていただける企画ではないかと存じます。
スポーツ法のセミナーは、学生・研究者より、弁護士の申し込みが多いので驚きました。対する日弁連と共催の12日のシンポジウムの方は事前登録が少なく、少々不安な状況です。

中央大学法曹会の方々も奮ってご参加いただけますようお願い申し上げます。

投稿日時:2019年02月27日

ページの先頭へ

  • 中央大学
  • 中央大学法科大学院
  • 採用を考えている法律事務所様へ 中央大学法科大学院
  • 日本比較法研究所
  • 日本比較法研究所研究基金への募金について