中央大学法曹会

中央大学法曹会 多摩キャンパス:炎の塔

中央大学法曹会

中央大学法曹会は、中央大学卒又は中央大学法科大学院卒の法曹実務家の団体です。

現在全国で5000人を超える会員が裁判官、検察官、弁護士の実務法曹や、大学研究者、企業法務員、行政官等として幅広く活躍しています。

炎の塔について

多摩キャンパス「炎の塔」は、中央大学学術研究団体連合会その他の各司法試験受験研究室や法職講座多摩研究室等が入っている学生研究棟です。
この研究室が「法科の中央」の名声を築いてきた原点です。

お知らせ

中央大学法曹会平成29年度第4回常任幹事会・幹事会及び
平成30年度定時総会並びに叙勲受章者・栄進者披露懇談会のご案内

日時 平成30年5月16日(水)
午後5時30分~ 平成29年度第4回常任幹事会・幹事会
         平成30年度定時総会
午後7時~    叙勲受章者・栄進者披露懇談会
場所 東海大学交友会館
     
東京都千代田区霞ケ関3丁目2-5 霞が関ビルディング35F

電話:03-3581-6041
日頃から,中央大学法曹会の会務運営に関し,多大なご支援,ご協力を賜り心より厚く御礼申し上げます。
さて,中央大学法曹会では,上記日時・場所にて,平成29年度第4回常任幹事会・幹事会及び平成30年度定時総会並びに叙勲受章者祝賀・栄進者披露懇親会を開催いたします。
つきましては,ご多忙とは存じますが,是非ご出席を賜りますようご案内申し上げます。

【幹事会・定時総会の議題】

 (1)各種委員会報告        (2)平成29年度活動報告承認の件
 (3)平成29年度決算承認の件   (4)会則改正の件
 (5)平成30年度活動方針承認の件 (6)平成30年度予算承認の件
 (7)その他

【会費】
 
 前期~55期 10,000円     56~60期  5,000円    
 61~63期  3,000円     64~68期  2,000円
 69期~   ご招待(無料)

経費節減等のため,メールアドレスによる登録を進めております。お手数ですが,下記宛先まで,先生方のアドレスをご連絡ください。
また,住所変更等のご連絡がある場合は,恐れ入りますが,メールにてご連絡ください。
 
送信先(chuo.u.hoso@gmail.com)
 

投稿日時:2018年04月16日

ページの先頭へ

中央大学法曹会平成29年度第4回常任幹事会・幹事会  当日配布資料掲載

第4号議案 会則改正の件

 平成30年1月24日付け会則検討委員会委員長元木徹の答申書,同年4月25日付け人事委員会委員長山﨑司平の答申書及び募金実行委員会委員長林勘市の意見に基づき,中央大学法曹会の会則,規程及び規則の変更を行いたい。
 変更の内容は,別紙会則新旧対照表(案),別紙規程新旧対照表(案)及び別紙規則新旧対照表(案)のとおりである。
第1 会則について
1 第4条
本条第2項は,「本会の会員として入会しようとする者は,常任幹事会の承認を得なければならない。」と規定している。しかし,従前より,正会員(学員である法曹又は大学の法律学を教授している講師以上の者)については,本会に当然入会するものと扱われ,同項の承認を得る手続きが行われていない。また,準会員については,外国の法曹も学員でなければ準会員になれないことを明確にした上で,準会員の資格を有する学員である司法修習生・司法試験合格者・外国の法曹の入会を促進するため,同項の承認を不要とし,より簡易な手続きによる入会を認めることが相当である。
以上により,本条第2項を削除した上で,準会員となるに当たっては入会を明確にするため,書面による申込みを必要とするものとしたい。
2 第5条第2号及び第6条第2項ただし書
第6条第2項ただし書は,「副幹事長8名は,支部が選出した候補者の中から選任する。」と規定している。しかし,現実には支部から8名の候補者が選出されておらず,その結果,第5条第2号が,副幹事長の人数を13名と規定しているにも関わらず,副幹事長の人数が13名に達していない。このような会則と会務運営の実態との間の齟齬を解消するため,第6条第2項ただし書を削除するとともに,副幹事長の人数を「10名以内」としたい。
3 第8条
顧問と参与について,それぞれの委嘱基準及び任務が不明であり,顧問のほかに参与を設ける必要性には疑問がある。したがって,参与を廃止して顧問に統一するとともに,改正後の顧問の委嘱基準を「幹事長経験者」と明示し,顧問の委嘱に総会決議を不要としたい。これに先立ち,参与については,幹事長経験者であると否とを問わず,顧問に選任したい。
第2 規程について
 1 幹事候補者選出規程第2条
本会の諸規程においてはブロックという表現が通用しており,ブロックという用語に統一したい。幹事の人数が多数にのぼるため投票により選出するというのは現実的には考え難く,投票以外の方法によることは当然であってあえて定める必要がないことから,「投票以外の方法により」を削除したい。公証人については,従前,裁判所所属会員や検察庁所属会員に含まれていたが,公証人についても独自のブロックを設けることが適当であるため,独立した公証人ブロックを新たに設ける。現状,分会的な形で札幌,九州山口,四国,神奈川が存在する反面,支部の中には現実に存在しないものがある。また,8の支部がそれぞれ若干名を選出することを前提にした場合に400名以内という人数とバランスがとれていない。したがって,分会を含む支部全体で400名以内ということのみを定めるものとしたい。
 2 中央大学法曹会支部規程
(1)第3条
上記第1,1のとおり会則第4条第2項を削除することに伴い,「会則第4条第2項の規定にかかわらず,」の部分を削除し,支部の準会員の定義について,上記第1,1における本会の準会員の定義と平仄をあわせたい。加えて,号の表記に算用数字が用いられているため,漢数字に修正したい。
(2)第5条
項として規定されるべき条項が号として規定されているため,項としての規定に修正したい。
第3 規則について
 1 中央大学法曹会人事委員会規則第3条
本条各号に定める人数と会務運営の実態との間の齟齬を解消するため,本条各号の人数を変更したい。変更の人数については,会則検討委員会委員長の答申と人事委員会委員長の答申に差異が生じている。東京弁護士会ブロック,第一東京弁護士会ブロック,第二東京弁護士会ブロックの人数については,人事委員会委員長の答申において,委員構成を緩やかに変化させていく場合3分の1ずつをそれぞれ交代させる案の提案がなされていることから,東京弁護士会ブロック6名位内,第一東京弁護士会ブロック3名以内,第二東京弁護士会ブロック3名以内としたい。また,裁判所,公証人ブロック,検察庁,公証人ブロックの人数については,会則検討委員会委員長の答申のとおり,上記第2,1のとおり公証人ブロックを新たに設けることに伴い,「裁判所,検察庁,公証人ブロック 3名以内」としたい。
 2 中央大学法曹会法職教育検討委員会規則第3条
上記第2,1のとおり公証人ブロックを新たに設けることに伴い「裁判所,検察庁,公証人ブロック 4名以内」としたい。
 3 中央大学法曹会大学問題委員会規則第3条
上記第2,1のとおり公証人ブロックを新たに設けることに伴い「裁判所,検察庁,公証人ブロック 4名以内」としたい。
 4 中央大学法曹会進路指導対策委員会規則第4条2項
上記第2,1のとおり公証人ブロックを新たに設けることに伴い「裁判所,検察庁,公証人ブロック 12名以内」としたい。
また,幹事候補者選出規程第2条7号の改正と平仄を一致させるため,「支部(分会を含む。)ブロック」としたい。
 5 その他
項及び号の表記について,漢数字によるものと算用数字によるものとが混在しているため,次に掲げる各条項について,項の表記を算用数字に,号の表記を漢数字に統一したい。
(1)中央大学法曹会人事委員会規則第3条
(2)中央大学法曹会法職教育検討委員会規則第3条
(3)中央大学法曹会大学問題委員会規則第3条
(4)中央大学法曹会進路指導対策委員会規則第3条及び第4条2項
(5)中央大学法曹会会費規則第2条
第4 その他
 1 中央大学法曹会テミスを育む会運営委員会規則
本規則は中央大学法科大学院を物心両面からサポートする目的で制定されたものですが,中央大学法曹会奨学金規程その他の規程及び細則等により,既にその目的を達成し,また,活動も長い間停止しているため,廃止したい。それに先立ち,テミスを育む会の基金特別会計は,一般会計に組み入れたい。
 2 中央大学法曹会募金実行委員会規則
本委員会は第6条の規定により平成24年3月末日をもって既に解散されているため,本規則は廃止し,新たに規則を制定したい。
 

                                                          以 上
会則新旧対照表(案)

【新会則】

第4条
本会に,次の二種の会員を置く。
一 (略)
二 準会員 中央大学の学員であって,司法修習生・司法試験合格者又は外国の法曹で本会の目的に賛同して書面により入会の申込みをした者
 
  
第5条
本会に,次の役員を置く。
一 (略)
二 副幹事長 10名以内
三~五 (略)
 
第6条2項
幹事長,副幹事長及び常任幹事は,いずれも幹事の互選による。
 
 
第8条
本会に,顧問を置く。
2 顧問は,幹事長経験者の中から幹事長が委嘱する。

中央大学法曹会人事委員会規則
第3条
本委員会は,次の者で構成する。
 東京弁護士会ブロック 8名以内
 第一東京弁護士会ブロック 4名以内
 第二東京弁護士会ブロック 4名以内
四 裁判所,検察庁,公証人ブロック 3名以内

【旧会則】

第4条
本会に,次の二種の会員を置く。
一 (略)
二 準会員 中央大学の学員である司法修習生及び司法試験合格者,又は外国の法曹で本会の目的に賛同して入会した者
2 本会の会員として入会しようとする者は,常任幹事会の承認を得なければならない。
 
第5条
本会に,次の役員を置く。
一 (略)
二 副幹事長 13名
三~五 (略)
 
第6条2項
幹事長,副幹事長及び常任幹事は,いずれも幹事の互選による。但し,副幹事長8名は,支部が選出した候補者の中から選任する。
 
第8条
本会に,顧問及び参与を置く。
2 顧問及び参与は,総会の議を経て幹事長が委嘱する。
3 顧問及び参与は,本会の管理運営につき幹事長の諮問に応ずるほか,幹事会及び常任幹事会に出席し,意見を述べることができる。
 

規則新旧対照表(案)

【新規則】
 
中央大学法曹会人事委員会規則
第3条
本委員会は,次の者で構成する。
 東京弁護士会ブロック 8名以内
 第一東京弁護士会ブロック 4名以内
 第二東京弁護士会ブロック 4名以内
四 裁判所,検察庁,公証人ブロック 3名以内
 
 
 
中央大学法曹会法職教育検討委員会規則
第3条
本委員会は,次の者で構成する。
 中央大学法曹会推薦の中央大学法職講座運営委員会委員 2名以内
 中央大学法曹会推薦の中央大学司法特設講座担当講師 6名以内
 東京弁護士会ブロック 8名以内
 第一東京弁護士会ブロック 4名以内
 第二東京弁護士会ブロック 4名以内
六 裁判所,検察庁,公証人ブロック 4名以内
 
 
中央大学法曹会大学問題委員会規則
第3条
本委員会は,次の者で構成する。
 中央大学法曹会選出の学校法人中央大学評議員 若干名
 東京弁護士会ブロック 24名以内
 第一東京弁護士会ブロック 11名以内
 第二東京弁護士会ブロック 11名以内
五 裁判所,検察庁,公証人ブロック 4名以内
 
 
 
 
 
 
中央大学法曹会進路指導対策委員会規則
第3条 前条の進路指導対象者は次の者とする。
 中央大学法科大学院出身の新・旧司法試験合格者
 中央大学出身の旧司法試験合格者
 中央大学出身で他大学法科大学院出身の新・旧司法試験合格者
 
第4条 本委員会の委員は,100名以内とし,本会幹事会において選任する。
2 本委員会は,次の者で構成する。
 東京弁護士会ブロック 30名以内
 第一東京弁護士会ブロック 16名以内
 第二東京弁護士会ブロック 16名以内
四 裁判所,検察庁,公証人ブロック 12名以内
 
五 支部(分会を含む。)ブロック 20名以内
 本会幹事長が氏名する者 6名以内
 
 
(廃止)
 
 
中央大学法曹会募金実行委員会規則
 
(平成30年5月16日制定)
第1条 正副委員長は任期3年とする。
第2条 委員長は事務局を設置することができる。
    事務局員の任期は3年とする。
第3条 期別責任者は3年毎に見直すものとする。
第4条 委員長は、随時委員会を招集する。
    委員長は故障ある時は副委員長が招集する。
第5条 期別責任者は随時会合を開き,募金の推進をはからなければならない。
    同会合の結果,募金の推進の結果について事務局長にすみやかに文書以って報告しなければならない。
 
(廃止)
 
 
中央大学法曹会会費規則
第2条
 都内所属会員の会費は,年額金3,000円とする。但,入会後1年目の都内所属会員の会費は無料とする。
 各支部は,所属会員から徴収する会費のうち,会員1名につき年額2,500円を本会の会費とする。
 役員(本会会則第5条記載の者)は,年額金10,000円を負担する。但,入会後10年未満の役員の会費は年額金5,000円とする。
 

【旧規則】

中央大学法曹会人事委員会規則
第3条
本委員会は,次の者で構成する。
 東京弁護士会ブロック 4名
 第一東京弁護士会ブロック 2名
 第二東京弁護士会ブロック 2名
 
6 裁判所,公証人ブロック 1名
7 検察庁,公証人ブロック 1名
 
中央大学法曹会法職教育検討委員会規則
第3条
本委員会は,次の者で構成する。
 中央大学法曹会推薦の中央大学法職講座運営委員会委員 2名以内
 中央大学法曹会推薦の中央大学司法特設講座担当講師 6名以内
 東京弁護士会ブロック 8名以内
 第一東京弁護士会ブロック 4名以内
 第二東京弁護士会ブロック 4名以内
6 裁判所ブロック 2名以内
7 検察庁 2名以内
 
中央大学法曹会大学問題委員会規則
第3条
本委員会は,次の者で構成する。
 中央大学法曹会選出の学校法人中央大学評議員 若干名
 東京弁護士会ブロック 24名以内
 第一東京弁護士会ブロック 11名以内
 第二東京弁護士会ブロック 11名以内
5 裁判所ブロック 2名以内
6 検察庁,公証人ブロック 2名以内
 
 
 
 
 
中央大学法曹会進路指導対策委員会規則
第3条 前条の進路指導対象者は下記の者とする。
 中央大学法科大学院出身の新・旧司法試験合格者
 中央大学出身の旧司法試験合格者
 中央大学出身で他大学法科大学院出身の新・旧司法試験合格者
 
第4条 本委員会の委員は,100名以内とし,本会幹事会において選任する。
2 本委員会は,次の者で構成する。
 東京弁護士会ブロック 30名以内
 第一東京弁護士会ブロック 16名以内
 第二東京弁護士会ブロック 16名以内
4 裁判所ブロック 6名以内
5 検察庁ブロック 6名以内
 地方支部ブロック 20名以内
 本会幹事長が氏名する者 6名以内
 
 
中央大学法曹会募金実行委員会規則
(平成13年12月4日制定)
 
(新設)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中央大学法曹会テミスを育む会運営委員会規則
 
中央大学法曹会会費規則
第2条
 都内所属会員の会費は,年額金3,000円とする。但,入会後1年目の都内所属会員の会費は無料とする。
 各支部は,所属会員から徴収する会費のうち,会員1名につき年額2,500円を本会の会費とする。
 役員(本会会則第5条記載の者)は,年額金10,000円を負担する。但,入会後10年未満の役員の会費は年額金5,000円とする。

 
規程新旧対照表(案)


【新規程】

幹事候補者選出規程
第2条
幹事候補者は,次の区分に従い,各別にその員数を選出するものとする。
一 東京弁護士会ブロック 500名以内
二 第一東京弁護士会ブロック 250名以内
 
三 第二東京弁護士会ブロック 250名以内
 
四 都内各裁判所ブロック 40名以内
 
五 都内各検察庁ブロック 40名以内
 
六 公証人ブロック 20名以内
 
七 支部(分会を含む。)ブロック 400名以内
 
 
 
 
 
 
 
 
 
八 その他の正会員または準会員 20名以内
 
付則
第2条の改正は,平成30年5月16日から施行する。
 
中央大学法曹会支部規程
第3条
支部は,当該地域内に住所又は勤務場所を有する次の会員をもって組織し,支部に入会した会員は,当然,本会に入会したこととする。
 
 正会員 中央大学学員である法曹又は大学の法律講義を担当している講師以上の者。
 準会員 中央大学の学員であって,司法修習生・司法試験合格者又は外国の法曹で本会の目的に賛同して書面により入会の申込みをした者
 
第5条
 支部の会費は,会費規則第2条第1項但書に基づき支部において定める。
 支部は前項に基づき定めた会費を,支部所属会員から徴収したうえ,その徴収した会費のうち,幹事長と協議して決定した一定額を本部に一括して送金するものとする。
 前項にかかわらず,支部は会費規則第3条第3項に基づき,会費徴収業務を本部に委任することができる。その場合,幹事長と支部長協議の上,当該支部会員が本部へ納入した金員のうち支部に送金する額を定める。
 
 
【旧規程】

幹事候補者選出規程
第2条
幹事候補者は,左の各号の区分に従い,各別にその員数を投票以外の方法により選出するものとする。
一 東京弁護士会所属会員中より 500名以内
二 第一東京弁護士会所属会員中より 250名以内
三 第二東京弁護士会所属会員中より 250名以内
四 都内各裁判所所属会員(判事出身の公証人を含む)中より 40名以内
五 都内各検察庁所属会員(検事出身の公証人を含む)中より 40名以内
六 その他の正会員または準会員の中より 20名以内
七 左記の各支部(分会を含む。)所属会員中より 400名以内
 1 関東支部(仮称) 若干名
 2 関西(近畿)支部(仮称) 若干名
 3 中部支部(仮称) 若干名
 4 中国支部(仮称) 若干名
 5 九州支部(仮称) 若干名
 6 東北支部(仮称) 若干名
 7 北海道支部(仮称) 若干名
 8 四国支部(仮称) 若干名
 
 
 
 
 
 
中央大学法曹会支部規程
第3条
支部は,当該地域内に住所又は勤務場所を有する左記の会員をもって組織し,支部に入会した会員は,会則第4条第2項の規定にかかわらず,当然,本会に入会したこととする。
 正会員 中央大学学員である法曹又は大学の法律講義を担当している講師以上の者。
 準会員 中央大学の学員である司法修習生及び司法試験合格者,又は外国の法曹で本会の目的に賛同して入会した者
 
第5条
 支部の会費は,会費規則第2条第1項但書に基づき支部において定める。
 支部は前項に基づき定めた会費を,支部所属会員から徴収したうえ,その徴収した会費のうち,幹事長と協議して決定した一定額を本部に一括して送金するものとする。
 前項にかかわらず,支部は会費規則第3条第3項に基づき,会費徴収業務を本部に委任することができる。その場合,幹事長と支部長協議の上,当該支部会員が本部へ納入した金員のうち支部に送金する額を定める。
 

投稿日時:2018年05月07日

ページの先頭へ

  • 中央大学
  • 中央大学法科大学院
  • 採用を考えている法律事務所様へ 中央大学法科大学院
  • 日本比較法研究所
  • 日本比較法研究所研究基金への募金について