中央大学法曹会

ホーム>幹事長挨拶

幹事長挨拶 2014年03月10日

平成25年5月24日の定時総会において平成25年・26年度中央大学法曹会の幹事長に選任されました林勘市です。

中央大学法曹会は、中央大学出身又は中央大学法科大学院出身の法曹及び大学教員をもって組織していますが、会員数は現在全国で5000名を超えています。当会は、大学別に組織された法曹会としては最大でありますし、母校愛も人一倍強い団体です。
私たちは、2年間、伝統と実績のある中央大学法曹会の運営に当たらせていただくことになりました。副幹事長、事務局長、事務局次長の執行部一丸となって、一生懸命務めさせていただきますので、ご指導、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

さて、平成25年・26年度の中央大学法曹会の活動方針ですが、以下の3点を重点方針とさせていただきます。

第1に、大学の運営が適正に執り行われるよう法曹会として適切な意見具申に努めます。

大学の運営に関しては教学、法人、学員の三者が力を合わせて活動をしなければ中央大学の発展は望めません。大学の運営や役員人事をめぐっての意見対立もありましたが、いずれの意見も愛する母校をよくしたいとの思いがあふれています。お互い信頼関係を築けば一致団結できないはずがありません。
中央大学法曹会としても、法曹会内部の意見をまとめ、南甲倶楽部など有力学員会支部と意見交換をし、相協力して、中央大学の発展のために力を尽くしたいと思います。

第2に、困窮する司法修習生、若手会員に対する支援活動を強化します。

法曹人口の急激な増加により、司法修習生の就職難、若手弁護士の仕事の減少など、現状は誠に厳しいものがあります。この問題に関しては、個人の資質、努力では解決困難な制度上の問題を抱えているだけに、司法修習生、若手会員から中央大学法曹会の諸先輩方に対して指導、助言を求める声には切実なものがあります。私たちは、後輩のそのような声に十分応えなければならないと考えています。そのためには、若手会員にとって魅力のある中央大学法曹会に脱皮、進化していく必要があります。
その観点から、8月の常任幹事会・幹事会では、中央大学法科大学院同窓会との共催による新企画として、「若き法曹の活動分野」と題し各分野で活動している若手法曹によるパネルディスカッションを開催し、法科大学院修了生及び在学生向けに進路就職支援を行いました。この企画は今後も継続して行っていきます。
また、法曹会の若手会員が、南甲倶楽部所属の若手企業家や、技術士、弁理士、公認会計士、税理士、司法書士、行政書士、社会保険労務士等の白門専門職団体の若手会員と幅広く交流して、人的ネットワークを築き、仕事の面でもお互いにプラスとなるよう、各団体との交流会を頻繁に企画し、実行します。

第3に、広報活動を強化し、会員交流の場として活用するため、ホームページを作成しました。

法曹会の定例行事である法曹会定時総会、常任幹事会・幹事会、司法試験合格者祝賀会、新入会員歓迎会、叙勲受賞者祝賀会、進路就職支援活動、若手会員向け研修会の企画、関係諸団体との交流会の企画などを広報する手段として、インターネットを利用した法曹会から会員に向けた情報発信は極めて有用です。
また、法曹会内の東京本部と全国8支部との交流や、法曹三者である弁護士会員、裁判官及びOB会員、検察官及びOB会員との間の交流を活発化させるためのツールとしても、法曹会のホームページは大いに役立つものにしていきたいと思います。

以上の重点方針のもと、中央大学並びに中央大学法曹会の発展のため、2年間、会員の皆様のご支援、ご協力を得て、一生懸命頑張っていきますので、よろしくお願いします。

中央大学法曹会 幹事長
林 勘市