中央大学法曹会

ホーム>活動報告>関係諸団体交流会

関係諸団体交流会

2013年11月28日行政書士白門会との第2回交流会

平成25年11月28日(木)午後6時30分~駿河台記念館

中大法曹会と行政書士白門会との交流会は,平成24年度の第1回目に引き続き今回で2回目の開催になります。法曹会からは林幹事長のほか50期から65期までの若手会員10名が参加し,行政書士白門会からは業歴5~7年目の方を中心に16名が参加しました。

交流会の進め方に関し,今回は行政書士白門会の櫻井副会長から実のある交流ができるように工夫した提案があり,その提案に従って実施しました。交流会では参加者を3グループに分け,参加者に事前に提出していただいていた参加者基本情報カード(所属事務所・取扱業務分野・事務所の特徴・弁護士と行政書士間で紹介や連携が可能な案件などを記入したもの)をもとに,和気藹々とした雰囲気の中,フリーディスカッションを行いました。この方法のお陰で,相互に弁護士,行政書士の業務内容について理解を深めることができたと思います。

行政書士の参加者からは,これまで弁護士に知り合いがいなかったので紛争案件の対処に困っていたが,この交流会で弁護士と知り合えてよかったというお言葉をいただきました。

次回は,もっと多くの法曹会の会員の方にご参加いただき,より一層有意義な交流会にしていきたいと思います。

投稿日時:2014年03月03日

ページの先頭へ

2013年11月11日社会保険労務士白門会との第2回交流会

平成24年度に続いて第2回目の中央大学法曹会と社会保険労務士白門会との交流会が開催されました。法曹会からは若手会員を中心に20名,社労士白門会からは15名の参加がありました。

第一部の講演会では,「未払残業代をめぐる問題~未払残業代計算の実務・時間外労働認定の実務~」をテーマに,社労士白門会の生方隆先生と法曹会の中井淳先生(51期)にそれぞれ講演していただきました。中井淳先生からは,裁判において「労働時間」が争点になる場合の立証方法やその問題点など,実務で役に立つお話をいただき,社労士白門会の方だけでなく,法曹会の若手会員にとっても大変ためになる講演会でした。

第二部は,駿河台記念館1階のプリオールに場所を移して懇親会が行われました。今回幹事会である社労士白門会会長のあいさつと法曹会林幹事長のあいさつがあり,乾杯後は,会場内では積極的に名刺交換を行う姿が見られ,参加した法曹会の若手会員も,この交流会を機に社労士の先生方と交流を深めていただけたことと思います

投稿日時:2014年03月03日

ページの先頭へ